レーシックなら「レーシックガイド」へ!

視力が落ちる理由とは

あなたの視力はどれぐらいですか?
視力の一番の理想とは、裸眼でも近くの物も遠くのものも見えることではないでしょうか。
視力が落ちる人には、生まれつき目が悪い方や子供から成長するにつれて視力が落ちていく方とに大きく分かれると思います。

では、なぜ人の視力は落ちてしまうのでしょうか?
勉強をしすぎて目が悪くなった?暗い所で本を読んでいたのが原因?
パソコンを長時間使っていたから?
視力が落ちる原因はいろいろな理由が考えられます。
この視力が落ちる原因は、単刀直入に言えば、「目」に大きな負担を掛けていることではないでしょうか。
要は、目に負担をかけるとは、目の筋肉を酷使しているということなのです。

この目の筋肉を酷使していると言いましたが、目の筋肉には3つの筋肉が存在します。毛様体筋、虹彩筋、外眼筋の三つです。
この中でも、「毛様体筋」の特徴は、遠近を調節する役割を担っており、毛様体筋は遠近感を調節するために水晶体の厚みを調節します。
そのため例えば、近くのモノばかり見続けていると、「毛様体筋」が凝り固まり、遠くを見ようと思っても毛様体筋の筋肉を緩められなくなってしまいます。
そのため、近くばかり見ていると、「毛様体筋」を酷使してしまうため当然のことながら、視力が落ちる原因になるのです。

続いて、「虹彩筋」ですが、「虹彩筋」の特徴としては、光の量を調節するための筋肉です。
例えば部屋を暗くしてテレビを見たり、暗い部屋でパソコンなどを利用していると、部屋は暗くてテレビやパソコンの画面は明るいので目はどちらに調節したらいい混乱してしまいます。
これは、暗い部屋で明るいものを見ることで、「虹彩筋」を緊張させたりゆるめたりさせてしまい、「虹彩筋」がリラックスすることができなくなってしまいます。
これも、目には負担となり目の疲れ=視力が落ちる原因となると言われています。

視力を回復する方法

では、一度視力が悪くなってしまったらどうしますか?
一般的に考えられるのは、メガネやコンタクトで視力を回復する方法ではないでしょうか。
もちろん、視力をこれ以上落とさないための方法として、ライフスタイルを見直しすることも大切です。例えば、パソコンや本を読んだりテレビを見る時間に気をつけたり、これらを見る距離に気をつけたりとこれら生活していくなかで気をつけておくことが大切です。
でも、一旦視力が落ちてしまったら、これまでは治らないと言われてきましたが、最近では視力を回復する方法があるのです。
今回はこの、視力を回復する方法について紹介していきたいと思います。

Copyright(C) レーシックガイド All Rights Reserved.